ソフトテニスのサーブはトスの安定が最重要!練習のコツとは?

このページではソフトテニスのオーバーハンドサーブにおけるトスについての重要性と、正確なトスを上げるためのポイントを記したいと思います。

ソフトテニスのサーブにおけるトスの重要性

オーバーハンドサーブにおいては、正確なトスをあげることが最重要です。

その理由は明確であり、トスにバラつきが出てしまうと、サーブを打つ毎に打点が定まらない且つフォームが安定しないからです。

打点とフォームの安定を失うということは、狙いどうりのサーブを打つという以前の問題であり、逆に打点とフォームが安定すれば、成功率及び狙った攻めのサーブができる可能性が高まります。

その為にもトスの重要性を認識し、徹底的にトスの上げ方だけを繰り返し練習し体得すれば、比例してサーブも上達することになります。

オーバーハンドサーブにて正確なトスを上げるポイント

では、正確なトスを上げるためには何を意識して練習をすれば良いか?

トスを安定させる為の練習のコツのポイントは4つです。

  1. ボールを指に軽く乗せる感覚で絶対に強く握らない
  2. 肘(ヒジ)をのばして上げる
  3. 自分のちょうど目の高さあたりでリリース
  4. 自分の身長の2倍程度の高さまで上げる

それでは、それぞれ解説致します。

1.ボールを指に軽く乗せる感覚で絶対に強く握らない

強く握らないことが絶対条件です。ソフトテニスのボールは柔らかく空気圧をモロに手のひらの感覚に感じるので理解できるでしょうが、少しでも握ってへこます分だけ反発して弾みます。

弾んでしまうと、方向調整に乱れが生じますので安定しないからです。

また、ボールを指に軽く乗せて安定させる方と、手のひらに乗せて指を軽くそえる方の2通りいらっしゃいます

が、どちらが正解ということはありません。

どちらも反発は防げますので、ご自身が安定して上げれる側の選択をして徹底的に繰り返し練習をすれば良いです。

とにもかくにもトスが安定さえすれば手法は問いません。

ただし、私の場合は手のひらが小さめでしたので、手のひら側ですと左右どちらかにトスが流れてしまった為、指にのせる側を選択しておりました。

2.肘(ヒジ)をのばして上げる

トスを上げる腕の肘はボールをリリースするまではまっすぐと伸ばし、肩の関節を軸に丁寧にゆっくりと上げます。

この際に、リスト(手首)も曲げないようにリリースするのがコツです。

肘や手首が曲がってしまうと、その都度ブレてしまい安定力を失います

3.自分のちょうど目の高さあたりでリリース

身長の高さ問わず、自分の目の高さでリリースするのが一番手のひらが真上を向いている瞬間ですので、ちょうど良いのです。

ここで、たまに身長が高い方は腕が長いので違うのでは?という質問をされる時がありますが、質問をされてくる方は、上記の肘をのばして上げることが出来ていない方です。

この記事に記しているポイントのコツは、4つ揃って初めて成立します。

4.自分の身長の2倍程度の高さまで上げる

本来、トスの高さは高ければ高いほどサーブの振りぬく為の態勢準備に時間が取れて良いのですが、安定させるためには高すぎてもバランスが維持できません。

自分の身長の2倍の高さを意識すると、一番安定できると私は言い切ります。

ちなみに、私が高校生の時は身長が168cmでしたので、336cmの高さをしっかり測りその高さにヒモを張り、その真下から何度もスレスレにヒモにボールが当たるまで、繰り替えし練習しました。

これは、その当時のコーチから指導を受けた内容です。

同じ部内の試合形式の練習でダブルフォルトを一度でもすると、その日は練習の最後までトスの練習で終わらせられたりしました。

そのような事をおこなっていると、自然と身体が覚えて、高校2年の頃にはトスで悩むことは一度もありませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • オーバーハンドサーブにおいては正確なトスが最重要
  • トスの際にボールは絶対に握らない
  • 肘を伸ばし、手首は動かさない
  • 目の高さでリリース
  • トスをあげる高さは常に自分の身長の2倍の高さに固定する

私は、セカンドサーブも当時からオーバーハンドサーブでした。

上記のポイントの練習量にもよりますが、トスの安定を体得すればまずダブルフォルトなど滅多に起きません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする